日本工学院八王子専門学校で人気の資格TOP5を確認しよう

日本工学院八王子専門学校で学べること

日本工学院八王子専門学校は、7カレッジあり35学科と学科数も詳細に分かれていて、多彩な業界の職業訓練ができるのが特徴の学校です。それぞれの学科にて、プロさながらの実践的な設備があり、より実践的な訓練が行えます。学科については、アニメーション関連やIT関連、更に医療関連などと幅広くなっています。各種資格を取ることも目標にできます。

大学との違い

幅広い知識を学ぶのが大学

一般的な大学は、学術や理論などの学問を学びながら、幅広い教養を身につけることを目標とした教育機関です。そのため、自分が将来なりたい職業とは全く関係ない学科なども受講しないと卒業ができません。また、大学には単位制が導入されていますが、専門学校では時間制が採用されています。

専門分野に特化した教育を行うのが専門学校

日本工学院八王子専門学校は、7カレッジあり35学科と学科数も詳細に分かれていて、多彩な業界の職業訓練ができるのが特徴の学校です。それぞれの学科にて、プロさながらの実践的な設備があり、より実践的な訓練が行えます。学科については、アニメーション関連やIT関連、更に医療関連などと幅広くなっています。各種資格を取ることも目標にできます。

オープンキャンパス参加時の注意点

無理なく通学できるかをチェック

オープンキャンパスに行く時には、自宅から学校までの所要時間を計り、通学にかかる交通費などをチェックする必要があります。また、乗り換えがある場合は乗り継ぎがスムーズであるかや、通学時間帯の電車の混み具合などもチェックしておくと良いでしょう。また、学校の帰りに買い物や遊びに行けるスポットがあるかもチェックしておくと良いです。

学校の設備をチェック

オープンキャンパスの時に、学校に着いた時には学校の広さや設備の充実具合などをチェックしましょう。自分のなりたい職業を学習するための設備がしっかりとしているかどうかがチェックポイントです。あわせて、学生の表情などもチェックしてみると良いでしょう。活き活きとした表情をしている人が多い学校であれば環境も良く学びやすい学校と言えます。

その他の設備もチェック!

たとえば図書館が学食などの充実具合もチェックポイントです。図書館にはお世話になることが多いため、一人で集中して自習できる雰囲気であるかどうかや、本の充実度などをチェックしましょう。学食については、メニューと料金などをチェックするのを進めします。その他にも、売店やコンビニなどが充実していると快適な学生ライフが送れます。

日本工学院八王子専門学校で取得できる人気の資格ランキング

no.1

情報処理技術者試験

この学校で取得できる資格で最も人気のあるのは「情報処理技術者試験」という国家試験です。この資格は、経済産業省が情報処理技術者としての知識と技能が一定以上の水準であるかどうかが問われるものです。IT関連技術者の多くが保有している資格です。

no.2

デジタル技術検定

2番目に人気の資格は、「ディジタル技術検定」です。国際文化カレッジが主催し、文部科学省が支援しているデジタル技術に関する検定で、電子回路の基礎知識の有無が判定されます。現在の電気機器はほとんどがデジタル回路にて構成されているため、この資格を持っていると電気回路設計者として有利です。

no.3

医療情報基礎知識検定試験

3番目に人気の資格として「医療情報基礎知識検定試験」があります。この資格は、一般社団法人日本医師情報学会が主催しているもので、医学情報に関する知識が問われ、医者を目指す人にとっては必ず取得しておきたい資格の一つになっています。

no.4

Webデザイナー検定

4番目に人気の資格は「Webデザイナー検定」です。この資格は、CG-ARTS協会が主催しているもので、Webのデザインに関する知識が問われるものです。この資格を持っていると、Web関連企業への就職や転職に有利になると言われています。

no.5

CGクリエイター検定

5番目には「CGクリエイター検定」が挙げられます。この資格もCG-ARTS協会が主催しています。この検定試験は、コンピューターグラフィックスの基礎知識やデザインなどの能力が試され、カメラワークや構図などの映像制作の基本技能が問われます。

[PR]日本工学院八王子専門学校の特徴を徹底調査☆
役立つ情報が満載☆

[PR]小論文のテーマを大公開♪
受験対策に役立てよう☆

[PR]小論文の添削サービスを提供中
受験対策にピッタリ☆

日本工学院八王子専門学校で学べることことや特徴を紹介

生徒

学校で学べる小論文作成のコツ

試験に受かる小論文の書き方としては、段落が明確なことで、内容に独創性があると得点が高くなります。文章の段落の構成としては、最初に「結論」を記載し、その後に、詳しい具体的な事例などの内容を説明し、最終的にまとめてして再度「結論」に結びつけます。また、結論が曖昧な場合は大きく減点されてしまいます。なお、誰かに読んでもらって添削をおこなってもらうと良いでしょう。

小論文のテーマ設定方法

小論文のテーマの選び方としては、結論がしっかりと記載できるものを選ぶことです。また、十分に論文を記載するための資料がそろっているテーマが書きやすいです。もし、鮮烈な体験を持っている場合は、その他意見を元にテーマを決めると独創性のある小論文を書くことが可能になります。結論と結論に結びつける材料を豊富に持っている自分の強みが生かせる話題をテーマに選ぶと良い論文が書けます。